スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

一説によりますと、企業の寿命はほぼ三十年と言われています

一説によりますと、企業の寿命はほぼ三十年と言われています。六十歳を定年とすれば、多くの人は大卒でも四十年近くは働きますが、一つの職場にずっと居続けられる人は、今後そう多くないのかもしれません。
年功序列制、定時昇給制の崩壊で、かつてない転職ブームが起きています。会社に雇われて、長時間拘束され、上司からの決裁待ちで時間が思うようにならない損なサラリーマンの働き方からすれば、資格を取得して独立開業できるような職種は、とても魅力的に映ります。特に、文系資格の弁護士、税理士、行政書士などは、資格取得者には人気ですし、難関資格ですが開業すれば高額所得も夢ではない、と謳われています。

しかし、こうした資格独占業務、特にちょっとしたスクール通学で取得できるか、独学で取得できるような専門職ほど、スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種はありません。資格を取得しないとその職業を名乗れないのに、先にどうやってスキルを積めというの、とお思いかもしれません。ここでいうスキルというのは、資格の勉強で得られるような専門知識ではありません。勿論、士業の中には、ある程度の実務経験を持ってして与えられる資格号もあるにはありますが、それは受験負担を軽くするプレミアのようなものです。

税理士や弁護士を目指す場合は、同様の事務所に補助としてアルバイトとして雇用されるのもいいですね。独立開業したら、顧客を引っこ抜かれるのがいやだからと、資格未取得者しか採用しないところもあります。
しかし、実際に現場でどんな案件があり、どのように処理されているかを学ぶことは、後々非常に役立ちます。また、いずれ、その事務所の後継者がいない時には、顧客を引き継がせてくれたり、紹介してくれることもあります。士業の事務所に雇われなくとも、もし現在会社員であるならば、現在の雇用主や取引先との関係を温めおき、人脈を広げておくことで、将来役立つ可能性があります。
士業に関わらず、独立起業した時に困るのが、どうやって、クライアントを得るのかということです。
社会人経験が浅く接客能力が低いままですと、いくら高度な資格を持っていても、相手がどのような相談事を抱えているか判別できず、解決もできないことになり、信頼を失うことになります。ここでいうスキルというのは、対人折衝能力という意味でのスキルです。

もし将来取得して独立したいという夢があるならば、現在の仕事で、どのようなやり方をすれば効率的なのか、客に訴えることができるのか、常に思考する癖をつけておくことは重要かもしれません。