スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

外資系の会社は英語必須というところがほとんどですが

外資系の会社は英語必須というところがほとんどですが、語学力についてはできて当たり前なので、スキルを積んでからチャレンジした方が無難だと思います。
特に、外資の総合商社系と金融機関系は、その傾向が顕著です。
社内の公用語は英語で、日本人同士でも英語で会話をします。ビジネス文書やビジネスレターも英語になります。海外出張も多く、世界各地を飛び回りますが、例えば、フィリピンやインドなどアジアの国の人とも、英語でコミュニケーションをとらなければなりません。
このため、勉強は単なる英語というよりも、ビジネス英語に特化した専門学校に通った方が良いでしょう。日常会話や観光の時に相手と意思疎通をとるくらいの英語力では、太刀打ちできないと言えます。数年にわたる留学など、英語圏に身を置いたことのある語学スキルがあれば、採用の時に有利になります。
帰国子女でネイティブに近い人は勿論、海外で働いた経験があれば鬼に金棒です。