スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

友達は、企業の会計の仕事に就きました

友達は、企業の会計の仕事に就きました。
学校で簿記の資格をとっていたので、それを評価されて就職したようですが、テスト用の勉強をしただけで、実際の経理に関する仕事をするのは初めてだったそうです。

経理というのは、資格のテキストや試験に出てくるような、はっきりと科目が分かるようなものだけを扱うわけではありません。そのため、最初はどうやっていいのか全く分からず、職場でも毎日怒られて、一時期は出社しようと思うと玄関先で吐いてしまうくらい気持ちが落ち込んでいたそうです。

ですが、このままではいけない、せっかく入社できたのだから頑張らなくちゃいけないと、知り合いの同じ職種についている人に頼んで、休みの日に色々実地で教えてもらうことにしたそうです。
スキルを積まないと難しい仕事なら、自分で実践しようと思ったそうです。

テキストでは習わなかった現実の経理のやり方などをしっかりその人から学び、休みを返上して勉強を重ねた結果、スキルも自然と上達して、会社での業務も滞りなくスムーズにできるようになったそうです。