スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

ちょっと人よりも英語が得意でしたので

ちょっと人よりも英語が得意でしたので、英語事務の仕事にチャレンジしようと思いました。

しかし、面接において翻訳関係の実務が全くないことと、自分の英語力のなさを知ってしまいました。

企業の英語事務は、企業にとっては非常に大事な職種です。
ちょっとでも間違えた英語翻訳をしてしまうと、双方で行き違いが発生してしまうし、強いては企業の信用問題に大きく揺らいでしまうからです。
こうした実情を全く知らないで、ただ人よりも英語ができるという理由だけで、英語事務の仕事に応募してしまいました。

でも、まだ諦めていません。初心に戻って通信教育で英語事務の講座を学んで、仕事もまずアシスタントからできる英語事務を派遣会社にお願いをして、探してもらいました。
想像以上に大変ですが、自分のスキルに胸を張ることができたら、本格的に企業の英語事務の正社員採用に挑戦してみようと思いました。

何事もスキルと修行を積むことが大事だと、よく分かりました。