スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

どんな仕事でもスキルが必要とされると思いますが

どんな仕事でもスキルが必要とされると思いますが、働くうちに身に付ける、身につくスキルというものもあります。
しかし、最初からスキルを積んで挑戦した方が賢明な職種というのもあると思います。
私がそう実感したのは、経理の仕事です。
経理の基本は簿記にあるのですが、この簿記というのがなかなかセンスを要求されるものなのです。
簿記の概念として、貸借を合わせる、つまり収入と支出を一致させることがあるのですが、センスのない人だとこれがピンとこないらしく、変な伝票を書いてしまうのです。

だから、実務のスキルを身に付けるのは、確かに挑戦前にはニワトリタマゴで無理なのですが、簿記の資格を勉強する、もしくは取得してから挑戦するというのが賢明だと思います。実務では、営業の人が申請してきた経費を領収書から伝票を起こして出金するなどですが、その前に伝票の書き方さえ分からないというのであれば、全然仕事にならないと思うのです。

だから、商業科出身などでスキルを積んだ人が求められるのだと思いました。