スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

職種によっては、色々なスキルを積んでおいた方が良いものもあります

職種によっては、色々なスキルを積んでおいた方が良いものもあります。私は、不動産業に従事しているのですが、不動産業もスキルを積んでおいた方が賢明でしょう。
まず、宅地建物取引主任者(宅建)の資格は、絶対に取っておいた方が良いと思います。宅建業法により、不動産業者には専任の取引主任者が、業務に従事する者五人に対して一人以上必要となるので、有資格者は社内において必要性が高くなるのです。
また、専門性がある仕事ができて信頼も得られます。
勿論、宅建の資格がなくとも不動産業者で働くことはできますが、物件に関する重要事項の説明などは、資格を持った人しかできないのです。
そして、毎月の給与でもらえる資格手当も、メリットの一つです。
その他、会社が扱う物件の種類によっては、ファイナンシャルプランナーやマンション管理士などの資格もあると便利です。

忘れてはならないのが、コミュニケーションスキルです。
不動産業の場合、正式な書類を交わす以前にも物件に関してオーナーに聞いたり、買主に説明したりと対話が必要な場面が多々あります。円滑に取引を進めるために、対話力や合意形成能力などのスキルを身につけておくと良いでしょう。