スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

システムエンジニアの仕事は、様々なジャンルがあります

システムエンジニアの仕事は、様々なジャンルがあります。
システムエンジニアの仕事を始めた場合、最初から全ての工程に関わることは少なく、1つずつの作業工程が割り振られ、それを完成していくのが普通です。
そのため、最初のうちは、自分にどのようなことを求められているかも分からないことも多くあります。
エンジニアにも多くの職種があります。サービスエンジニア、セールスエンジニア、セキュリティーエンジニアなど、専門ごとに分かれています。もし、専門のエンジニアになりたいと思った時、自分がどの作業工程をやっているのか分からないにもかかわらず、次に挑戦するのは賢明ではありません。少なくとも、自分がどのような仕事をしているのかが把握でき、全体の流れの中の自分の役割が分かるようになってから、次を考えた方が賢明でしょう。自分が任された今の仕事でスキルを積み、更にステップアップすることがもっとも確実な方法です。

最近は、エンジニアの仕事も細分化されつつありますから、専門的なエンジニアに挑戦するのなら、今のスキルを磨き、周りが見えてからの方が賢明です。