スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

中小企業であっても

中小企業であっても、事業をグローバルに展開するところが多くなりました。

ただ、海外の企業と対等に渡り合えるような語学力を持っている人材がいる中小企業は、まだまだ少ないようです。

自社に語学が堪能な人材がいない場合は、通訳に頼ることになりますが、通訳という仕事はスキルを積んでからではないと、生半可な知識で取り組めるような仕事ではありません。日本語能力に加えて、その国の言葉に精通していなければ、双方の意思を伝達することは難しい仕事です。

もし、スキルも無しで仕事を請け負ったとしたら、上手くいく話も上手くいかなくなる可能性さえあります。少しのニュアンスの違いで交渉が決裂してしまうこともあるのですから、通訳のスキルのあるなしは、依頼するクライアントにすれば死活問題につながる可能性さえあります。
もし、自分にまだスキルがないと思っているのなら、責任の取れない仕事は受けるべきではないでしょう。しっかりとスキルを積んでから挑戦するべきです。