スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

一時期、翻訳のアルバイトをした事があります

一時期、翻訳のアルバイトをした事があります。友達の紹介で、中国語を日本語に翻訳するものと、英語を日本語に翻訳する内容でした。

私は、一応中国語検定・英語検定の資格を持っている事もあり、出来高制でしたがアルバイト代としては十分だと思っいたので、やらせてもらいました。

最初は、ある程度出来るだろうと思っていたのですが、いざ翻訳をしようとすると非常に大変な思いをしました。
英語にも中国語にも「スラング」や「口語表現」が沢山あり、流行で新たな言い回しや比喩が出来る事も少なくありません。
資格を持っているとはいえ、その資格は理路整然とした文法を使っているものなので、スラングや口語表現に対しては、ほとんど役に立たないのです。
辞書を引いて意味を探しても、日本語として違和感のある文章になることもしばしばありました。
何日かを費やしてなんとか翻訳しましたが、翻訳をし終わった後は「もっと勉強しなければ」と強く思いました。

翻訳の中でも、特にスラングや口語表現は、独学では難しい分野なので、もっと勉強をしたり留学をしたりして、スキルを積んでから改めて挑戦した方がいいと、考えさせられた一件です。

注目のキーワード