スキルを積んでから挑戦した方が賢明な職種

以前、プログラマーとして働いていたことがあります

以前、プログラマーとして働いていたことがあります。それ以前はコンピューターを使ってはいたものの、システム開発の仕事はあまりしたことがありませんでした。

システム開発は大変だとは聞いていましたが、お給料も良く手に職があればこれからも生きていけるだろうと、とても魅力的な仕事に思えたのです。
仕事の合間にスクールに通ってプログラミングを習い、初心者でも採用してくれるという会社を探し出しました。

新卒ではなく、ある程度年齢がいってからの転職だったので不安もありましたが、私よりも更に経験の少ない人もいたので大丈夫だろう、と思っていました。

その会社の最初の触れ込みでは、OJTが導入されているので、初心者でも丁寧に教えますということだったのですが、すぐにそれは嘘であることが分かりました。
丁寧に教えてくれる先輩もいなければ、そんな暇な人もいませんでした。
むしろ、いちいち聞くなと言わんばかりの態度で、ただで教えてたまるかという感じなので、私を含めた初心者たちは居場所が無く、実に辛い思いをしました。

OJTというのは、大抵採用する時の会社のセールストークであることが多いので、それに騙されず、ある程度の実力とスキルを積んでから、システム開発の仕事はした方が良いと思いました。

以前、会社員だった頃

以前、会社員だった頃、ITスキルを活かしたプログラマー、システム・エンジニアをしていました。

専門学校にてITスキルを身につけ、即戦力として活躍したわけですが、仕事上では、まだまだ知識の不足しているところが多かったです。
国家試験の第2種情報処理技術者を取得していたこともあり、仕事に対しての自信はあったのですが、実際の仕事になるとITスキルだけではどうしようもないところも多々出てきました。

学生時代に文系が苦手だった私ですので、社会人になって文書を作るのにとても困難な思いをしたのを覚えています。技術職にしても事務職にしても、文書を作ることは必ず発生します。こういった文書を作るスキルは、学生時代に作文を作ったりすることで自然に養われるものだと思われます。
しかしながら、いざ、ビジネス文書を作るとなると、たくさんの疑問が湧きますし、なかなか思ったことを伝えるのにも苦労します。
現在は、メールを活用することが多いと思われますので、特に文書作成のスキルは必須になってくるのではないでしょうか。英語も重要ですが、まずは標準的な国語を重要なスキルとしておくことです。
これは、何の職種であっても言えることであると思います。